医療法人 三木医院

阿武山 の 小児科,内科/発達障害外来  医療法人 三木医院

高槻市上土室3丁目12の1
072-696-0067
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

医院案内

診療方針

病態を考えるに、子供は小さな大人ではありません。先天的疾患が背景にあったり、成長期であるがゆえの修飾がみられたりして特異的なものです。さらに症状の訴えが不正確なだけでなく、直球でなく変化球の表現になったりしますから、小児科専門医であっても、黙って座ればぴたりと診断できるという訳にはいきません。診察所見や検査結果は有力な物的証拠になりますが、症状のこれまでの経過、これからの推移が大事な状況証拠になりうるので、傍におられる母さまからの観察情報が大切です。どのようなことでもお教えください。今まで幾度となく、お母さまの示唆からお子さまの大きな病気が見つけられました。投薬で如何なる効果がえられたかも大事ですので、きちっと内服させてください。

当院で迅速にできる検査には、検血一般(貧血有無、白血球数、血小板数など)CRP(炎症強度)、検尿一般などがあり、これらは客観的な全身状態の評価に役立ちます。診察所見と総合してみて、要あればさらなる血液検査や心電図、レントゲン検査をすることもありますが、高度な画像診断(CT、MRI、US、レントゲン造影写真など)が必要と思われる場合や全身状態不良で入院加療を要する場合は、病診連携システムで速やかに病院を紹介させていただきます。多くの場合、大阪医大病院、高槻病院、高槻日赤などを紹介しておりますが、他に希望される場合はお申し出ください。また、溶連菌、インフルエンザ、マイコプラズマなどの、当院で施行可能な抗原検査は原因療法に役立ちます。アデノウイルス、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス検査の陽性結果は、今後の経過に対する警報となります。

お子さまの感染症が親御さんに伝播することがあります。お子さまの診察の際に、親御さんも調子がおかしければ遠慮なく申し出られてください。水ぼうそうやおたふくかぜなどのように、子供の病気にかかると重症で経過も長くなる傾向があります。そうなるまえのワクチン接種もお考えください。

いつも健康で子育てを全うするためにも、いつまでも元気で嫌がられずに長生きするためにも、メタボリック症候群などの生活習慣病(高血圧症、高脂血症、高尿酸血症、糖尿病)の管理は親としての責務でもあります。当院では慢性疾患の定期処方や定期検査をし、必要があれば病院の専門医にコンサルトして、連携して管理をさせていただきます。土曜日の午後も診察しておりますし、お家の人に薬をお渡しすることもできますので、ご利用ください。

 

院内雰囲気・設備

[待合室]

多角から外光を取り込み、フローリングにウッディなベンチを備え、ひとつの遊び場を囲んだかたち。
明るくat homeな雰囲気。
待合室
[処置室]

子供たち自身の処置に対する理解、協力が得られるように誘導します。


痛くしないから、怖くしないから、さあ、入っといで★
第二診察室、隔離待合併設
[第二診察室、隔離待合併設]

インフルエンザ、水痘など伝染性のつよいときなどに使用。
処置室

プラズマクラスターイオン発生器をはじめ、空気清浄器、加湿器を各部屋に設置。
玄関口やトイレ(おむつ交換台あり)に手指消毒薬を置いています。

トリアージ(二次感染防止)に配慮するため、患者さんにはお車でお待ちいただく場合があります。
ご理解・ご協力をお願いします。